お悩み解決情報サイト

エアコンの電気代を節約する方法をご紹介

   

夏場や冬場に大活躍するエアコン。


しかしながら電気代が掛かってしまう存在でもありますので
使用するのに躊躇してしまう方もいることでしょう。

でも電気代を抑える方法もありますのでご紹介します。

 

スポンサードリンク



 
まず電気代を節約する為にも
フィルターを綺麗にしておくことが大切です。


あまり掃除をすることがないという方も少なくないようですが、
フィルターにホコリが溜まっていると
冷暖房をする上での効率を妨げてしまいます。


余計な汚れは取り除いてスムーズに
動作をするように準備しておくことが大切ですので、
シーズンに初めて使用する時はもちろん、
シーズン中も2週間に1回程度は掃除機で吸うなどして
綺麗にしておくようにしましょう。



 
エアコンの電気代が気になる時によくやるのが弱運転ですが、
これは却って電気代が掛かってしまいますので要注意です。

節約をする為には弱運転よりも自動運転にしておくのがおすすめです。


 
自動運転ですと強力に風が出てしまいまから余計に
高く付きそうに思われるかもしれませんが、
実は一気に目的の温度まで到達させた方が電気代としては安く済みます。

弱運転ですといつまでも
目的の温度に到達しませんので
負担も掛かってしまうのですが、
自動運転ですと短時間で温度が安定し、
そして一旦安定すれば電気代も安くなるのです。

要は温度を早く一定に保てるようにすることが大切ですので、
その為にも自動運転にしておくのがベストと言えます。



 
今ほど温度は一定に安定させることが大切とお伝えしましたが、
それを踏まえて注意したいのが小まめにオン・オフをしないことです。


例えば冷え過ぎた時には一旦停止し、
暑くなってきたらまたスイッチをオンにする方法で
使用されている方もいると思われますが、
その度に大きな電気を使ってしまいますので
節約効果としてはあまりありません。


むしろ高く付いてしまうこともあるのです。


 
ですから温度を変えたいと思ったら電源を切ってしまうのではなく、
温度設定を調節して対策をした方が安く済ませることができます。


サーキュレーターを活用するのも節約方法のひとつです。

エアコンを付けてもなかなか部屋全体の温度が変わらないことがありますが、
そのように温度にムラがある状態ですと電気代も掛かってしまいます。
そこで活躍するのがサーキュレーターですが、
空気を循環させることができますので早くに温度を一定にすることができ、
それによって節約効果を得ることができるのです。


なお、サーキュレーターは冷房の時だけでなく暖房の時にも役立ちます。

スポンサードリンク

 - 節約

  関連記事

関連記事はありませんでした