お悩み解決情報サイト

最近人気のおしゃれな紫外線対策グッツ

      2016/06/04

地表に届く紫外線の波長には、A波とB波に分けられます。

A波は波長が長くて、雲や窓ガラスも通過し、
肌の深部にある真皮層にまで到達し、
エラスチンやコラーゲンに悪影響を与えるため、
しわやたるみなどの光老化を起こしてしまいます。


一方B波は、エネルギーが強いため、
皮膚や目に有害と言われています。

波長が短いため、真皮層には届きませんが、
肌表面に影響を与え、日焼けや皮膚ガンの原因となります。


 

スポンサードリンク



 
今までは、シミやしわは体の老化で
自然に増えるものだと考えられていましたが、
最近では光老化が原因の一つとしてあげられるようになりました。


光老化とは、紫外線が皮膚の細胞にダメージを与えることで、
老化させるというもので、シミやしわ、たるみの原因ともなります。


また肌の老化現象だけでなく、免疫機能を低下させたり、
皮膚ガンや白内障、角膜炎などを引き起こす原因にもなりますから、
日頃から紫外線対策を行うことが大事です。



 
もっとも一般的な紫外線対策として、日焼け止めクリームがあります。

クリームタイプや乳液タイプなど種類も豊富で、
日頃から塗っている人も多い日焼け止めですが、
正しい塗り方をしないと、効果を発揮してくれません。


 
また適量をまんべんなく塗らないと、ムラになって焼けたりしますし、
こまめに塗り直さないと効果がありませんから、注意しましょう。


そのほかの紫外線対策グッツとして、
帽子や日傘が人気ですが、
現在ではおしゃれなデザインのものも多く、
服装にあわせて選ぶこともできますから、
いくつかそろえておくと良いかもしれません。


 
また紫外線対策に複数のサングラスを
持っている人も多いかもしれませんが、
目から入った紫外線によって、目の細胞がダメージを受けると、
脳がメラニン色素を作るように全身に指令を出すため、
肌が黒くなったり、充血や眼精疲労、
ドライアイなどを引き起こす可能性もあります。


そのため、目の日焼けによる眼病や炎症を予防するためにも、
サングラスが重要となります。


ただ、気をつけないといけないことは、
紫外線カット加工の有無が重要で、選ぶ際には、お
しゃれなものも良いですが、紫外線カットの加工を
施されているものを選ぶようにしましょう。



 
そのほかの紫外線対策グッツとしては、
アームカバーもファッション小物として使える
おしゃれなものが増えています。

通勤用や自転車用など、
用途にあわせて使い分けても良いかもしれませんね。


選ぶポイントとしては、装飾の多いものよりも、
シンプルなデザインなものの方が、
コーディネートしやすいため、人気となっています。

スポンサードリンク

 - 健康

  関連記事

このストレッチが簡単で効く!諦めないで猫背を治す!

猫背を周囲の人に注意されていませんか? ついパソコンやスマホに 集中していると猫 …

食中毒の腹痛の治し方と注意

食中毒なんて最悪の事態になってしまったとき、 私達はどのような注意・配慮をしなけ …

土踏まずの痛みが現れる原因と症状を軽減する対策法

人間の足は、 常に全身の体重を支えている 非常に重要な部分で、 足に何らかのトラ …

風邪に効く食べ物や飲み物は?

季節の変わり目、 残業続きで疲れた体、 子どもの学校で流行っている風邪、 など色 …

花粉症による目のかゆみ、その対処法は?

花粉症の代表的な症状、 鼻つまりと目のかゆみ。 かゆみだけではく、目の充血、涙目 …

生姜シロップには簡単な作り方があるので覚えて活用しよう

生姜シロップは 甘くて飲みやすく、生姜の持っている働きによって、 風邪をひきにく …

ドライアイの改善方法と、対策。そして予防法。

現代人はパソコンや スマホをたくさん使うので、 ドライアイの症状を 訴えている方 …

嫌な背中の痛み、その原因は歪みから?

体重が増えたからなのか?それとも年齢? 背中が痛くなる原因には色々とあるようです …

手軽に出来る腰回しダイエットの効果

食事制限などのダイエットは 長続きせずに途中で断念してしまう方や、 きつい運動も …

ジョギングとランニングの消費カロリーの違いとダイエット効果

ダイエット目的や運動不足解消のために 行う運動で最もポピュラーなのは、 歩くこと …