お悩み解決情報サイト

フローリングに発生したカビの取り方とは

   

近年新築マンションや新築アパートなどの建物では、
リビングだけでなく
全ての部屋が洋室になっていることが多いでしょう。

和室には畳が敷かれていますが、
洋室の場合はフローリング
と呼ばれる床材を使用しています。


フローリングの床は部屋全体を明るくしてくれますし、
掃除がラクだというメリットもあります。


畳の床は細かいチリが入り込んでしまったり、
ダニが発生するといったデメリットがあります。


また飲み物をこぼすと乾きにくく、
シミになって残ってしまうこともあるでしょう。

フローリングの床なら、
このようなデメリットを全て解消させることができます。

フローリングの最大の利点は
何と言っても手入れが簡単な点です。


お茶やジュースをサッと拭き取るだけで元の状態に戻せますから、
忙しい主婦の方にとってもメリットは大きいでしょう。

ただ湿気が多くなるシーズンは
フローリングにカビが生えることも珍しくありません。

スポンサードリンク


フローリングのカビ対策


カビは一度発生すると
簡単な拭き掃除だけで落とすことができないため、
掃除の仕方で困ってしまう方が少なくありません。


バスルームやキッチンなら
カビ取り剤を使用して簡単に落とせますが、
木製の床材に強力な洗剤をまくわけにはいきません。

フローリングのキレイな色が変色してしまう可能性があるので、
強力な洗剤はむやみに使用しないように気を付けましょう。


発生してしまったカビの取り方はいくつかあるので、
自宅にあるものが使えるならわざわざ購入する必要はありません。

普段の掃除で重層を使っている方は、
フローリングのカビ取りにも使ってみるといいでしょう。

重層を使った取り方ですが、
初めに粉末状の重層に水を少し混ぜてペースト状にします。

それを雑巾などにのせて床材を直接擦るだけで、
黒ずんでいた部分がキレイになっていきます。

重層で効果がない場合は、
フローリング専用の洗剤やキッチン用の中性洗剤を使ってみましょう。

またドラッグストアで販売している
アルコールを使用するというのも一つの方法です。

どれも床材を変色させる程
強力ではありませんから安心して使えます。

一回に複数の洗剤を使用する場合は、
窓を開けて風通しを良くしてから
掃除を始めることがポイントです。

鼻や口から吸いこまないためにマスクを用意し、
ゴム手袋などで手を保護することも大切です。

掃除をしてキレイになっても
部屋の湿気対策を実践しないと再び発生してしまうので、
湿気が多いシーズンは除湿機を使うなど工夫しましょう。

スポンサードリンク

 - 学び , ,

  関連記事

読書感想文の書き方、そのコツって?

読書感想文、小学校、 中学校と課題となった本を読んで、 その感想を書くもの。 夏 …

集中力の出る食べ物や飲み物

さあ、勉強の秋です。 今までさぼっていた分を なんとしても取り戻す 必要がありま …