お悩み解決情報サイト

エアコンを使わずに部屋を涼しくする方法

   

エアコンを使用すれば
簡単に部屋を涼しくすることが可能です。

ですが電気代が気になったり、
あまりエアコンの風が得意ではないという方もいるはず。

そんな時には別の方法で部屋を涼しくしてみましょう。

スポンサードリンク



部屋を涼しくするには?


はじめに扇風機を使用するやり方ですが、
単に扇風機を付けているだけですと
生暖かい風を循環させるだけですから
気持ちの悪い風になってしまうことがあります。

そこでできる一工夫が氷を活用したやり方ですが、
氷を扇風機のすぐ後ろや前に置いておくだけで
簡単にひんやりとした送風をすることができるのです。


ただ、小さな氷ですとすぐに解けてしまいますので
ペットボトルに水を入れて氷らせておくのがおすすめです。

簡単に準備ができますし、
何本かストックを用意しておけば
解けたら次々に交換することができます。

なお、ペットボトルを利用する際には
キャップを開けておくとひんやり効果も大きくなります。

もう一つ扇風機を使ったテクニックとして、
扇風機を窓の方に向けておくという方法もあります。

これでは
部屋が涼しくならなそうに思われるかもしれませんが、
しかし蒸し暑い空気を逃がす為にも有効なのです。

例えば
閉め切っていた部屋にはむっとした空気が溜まっていますが、
その状態で扇風機を付けても涼しくなりません。

そこで実践したいのが窓に向ける方法なのですが、
これによって暑い空気を外に逃がして
涼しい風を中に入れることができますので
部屋も過ごし易くなるはずです。

外からの日差しをシャットアウトするのもおすすめです。

外からの日差しが降り注ぐことによって
部屋の中の気温も高くなってしまいますが、
それならば外からの熱を防いであげることが大切。

その為にも
窓にすだれを掛けたりサンシェードを設置して
直接的に部屋に日差しが入らないようにしましょう。


これだけでも室内温度は違ってきますし、
電気代も掛からないのでエコですよね。

以上のような方法で
部屋をある程度は涼しくすることができますが、
それでも暑さを感じてしまうという時には
自分自身の服装を考えてみることも大切ですね。

身に着けている衣服によって暑くなるようですと
どんな対策も効き目が薄くなってしまいます。

例えば冷感作用のある線維が織り込まれたシャツを着たり、
他にもリネン素材の衣服ですとさらっとした着心地ですので
体感気温も違ってくるはずです。

衣服にも少し気を配ってあげれば涼しさも倍増しますので、
夏を快適に乗り切る為にも
色々なところに工夫をして対策をしましょう。

スポンサードリンク

 - 生活の知恵 , ,

  関連記事

壁のカビの取り方と再発を防ぐ予防方法

壁のカビは、 水分と汚れで表面化したり、 目で確認出来る程に増加します。 増殖を …

美味しいおでんのだし、そしてその作り方は?

冬になると人気があるおでん。 昔はおでんの屋台が良く出ていました。 今はコンビニ …

効果的な湿気対策を部屋に施す

日本は高温多湿な風土ですから、 家もそれに合わせた造りとなっています。 それでも …