お悩み解決情報サイト

ビジネスメールの書き方をチェック!お礼を伝える例文

   

社会人ならビジネスメールの書き方を
きちんと覚えておきましょう。

直接会って話をすれば
誤解が生まれることはないですが、
メールは相手の顔が見えない分書き方に
気をつけなければなりません。

コミュニケーションがきちんと取れなければ
誤解が生じてしまいますので、
ビジネスがうまく進まないことになることもあるでしょう


取引先やお客様に対して、
感謝すべきことがあった場合には
必ずお礼のメールを送りましょう。

ここではお礼メールの書き方のポイントや例文を紹介します。

スポンサードリンク


お礼メールのタイミングは


お礼メールはタイミングが大切です。

午前中に訪問や打ち合わせなどがあった時に
お礼を改めて言いたい事柄があったのなら、
その日の夕方までにはお礼メールを送りましょう。


夜に食事会や飲み会があり、
そのお礼を述べたいのであれば、
次の日の午前中にはメールを送りましょう。

会社に上司に食事をごちそうになった場合には、
次の日の始業時間までにはメールを送りましょう。


仕事を始める前にはお礼メールを送っておくのがマナーです。
それによって仕事が出来る部下と思われます。
余韻が残っているうちにお礼メールを送ることがポイントなのです。


メールのタイトルは


メールを送るときのタイトルは一目見て
お礼のメールだと分かるものにしましょう。


「ありがとうございました」「お礼」とすれば
明らかにお礼メールだとわかるので、

タイトルを見ただけで
メールの内容が分かりますので、
忙しくしている人にも伝わるでしょう。



失礼になる一文


すぐにでもお礼が言いたかったから
という意味を込めて

「取り急ぎ失礼します」「取り急ぎお礼まで」
という文章を書く人がいますが、
これは余計なひと言です。

雑な印象を与えますので、書かないほうがいいでしょう。


ビジネスでのお礼メールはタイミングが重要です。

お礼メールを書かなくても問題はありませんが、
メールをわざわざ送ることで仕事が出来る印象を相手に与えますし、
良いイメージも与えます。

社外に出たままで手元にパソコンがない場合、
携帯からメールを送っても何ら失礼ではありません。

最後に「携帯からですので短文で失礼いたします」などと文章を添えれば、
携帯からすぐにお礼メールを送ってくるなんて行動が早いな、
と印象は良くなります。


早くお礼の気持ちを伝えたいという印象を
相手に与えることが大事なので携帯からでもかまわないのです。

パソコンから送らないと失礼にあたると勝手に勘違いして
お礼を言うタイミングを逃してしまうほうが大いに問題ですし、
良い印象も持たれません。

基本的なお礼メールの書き方を習得していれば
相手に対して失礼になることはありませんし、
あなたの株も上がるでしょう。


お礼メール一つで仕事上のコミュニケーションが高まるので
仕事もはかどりますし、やりやすくもなります。

感謝の気持ちがこもったお例文を貰って嫌な思いをする人はいません。

基本的なお例文の書き方をマスターして仕事に生かしましょう。

スポンサードリンク

 - マナー

  関連記事

暑中見舞いと残暑見舞い、その時期と違いは何?出すべきタイミングを調査

毎年最高気温の記録を更新している日本の夏。 インターネットやスマホなどで 暑中見 …