お悩み解決情報サイト

猫アレルギーって治るものなの? 症状と対策

      2016/08/28

猫アレルギーに大変困った!
という人たちもいらっしゃるようですが、
そもそも、何をして猫アレルギーなのでしょうか。

そして、猫アレルギーの人たちは
その症状をどのような方法で緩和することが出来るのでしょうか。

いろいろ猫アレルギーについてお話しをしたいと思っているのです。

猫大好きという人たちも、
猫アレルギーで散々苦しんでいるのかもしれません。

目が痒い、目の充血、鼻詰まりなど、こんな症状に苦しみ、
ネコをかわいがるモチベーションって
大変つらいことはつらいですよね。


ネコが自分のそばに寄ってきたとき、
不快な症状があらわれればそれが
おそらく猫アレルギーということになりますので、
案外見分け方は簡単なのかもしれません。


ネコがそばに来て、
目が痒い、目の充血、鼻詰まりなど症状が一個でもあれば、
猫アレルギーかもと思ってください。


スポンサードリンク



【猫アレルギーって治らない?】


そもそも、猫アレルギーになった人たちは、
延々と猫アレルギーに
苦しんでいなければならないものなのでしょうか。

実際に、みなさん当たり前に猫アレルギーというものの、
猫アレルギーが起こる仕組みまで
はっきりと解明できているわけでもないようです。

だから、完全に猫アレルギーを治そうというのは
ちょっとこの現代社会において無理があったりするようです。

病院でしていることは、症状を薬で抑えることまでのようです。

あとは、だったら猫アレルギーかという診断を病院でしてもらって、
もしも猫アレルギーなら仕方ないので
ネコに近づかないというのが私達にできることではないでしょうか。


【猫アレルギーを起こしにくいネコ】


実際に、どのネコも
猫アレルギーを起こすということではなくて、
猫アレルギーを起こしにくいネコというのもいるようです。

猫アレルギーの人たちは、試しに
ロシアンブルーやバリニーズ、ベンガル
という猫を飼ってみてはいかがでしょうか。


ただしこのようなネコも、
アレルギーを全く引き起こさない
ということではありません。

【猫アレルギーの原因】


現在、判っている猫アレルギーの原因は、
猫の唾液やフケなどに含まれる
物質(アレルゲン)・セクレトグロビンやリポカリン
によって起こるということまでです。


花粉や埃とも違い、
結構広範囲にわたって飛び散ってしまうようです。

そして、アレルゲンが人間の体内に入ることになり、
人間の身体はこれを異物として排除しようとする
免疫機能が動くことになります。

この機能があまりにも過剰に作動して、
猫アレルギーとなってしまうようです。

猫アレルギーによって、くしゃみ、目の充血、目のかゆみ、咳、
皮膚の腫れや痒みと言った症状が起こることになります。


【どのような対策ができるか】


そして、私達は何かそのような
猫アレルギーに対しての手の打ちようがあるのでしょうか。

もちろん一番いいことは、猫に近付かないことです。

でも、それが無理という人たちは、
部屋の掃除を徹底的行うモチベーションが大事です。

アレルゲンの付着しやすい布製品やカーペットは避ける、
そしてカーテンなどもマメに洗濯してください。

スポンサードリンク

 - アレルギー , , ,

  関連記事

どうにかしたい、花粉症の夜の鼻水

春、秋にニュースになっている花粉症。 ひどい人は1年中という人も。 花粉症は鼻水 …