お悩み解決情報サイト

お中元とお歳暮、どう違うの?その時期は?

      2017/05/16

お中元お歳暮

お世話になった人たちに
感謝の意味を込めて贈り物をするものですが、

どっちがどっち?
たしか同じ時期じゃなかったよね?

と悩む事も多いのでは。

デパートやスーパー、
最近はコンビにでも時期になると見かける
お中元コーナーやお歳暮コーナー。

一体どのように違うのでしょうか?
そして誰に送るといいのでしょう?

スポンサードリンク


お中元とお歳暮の違いは?


お中元は夏の初め
半年間の感謝と暑くなる夏に向かって、
体を気をつけるようにと相手の健康を願います。

お歳暮は一年間の終わりに

一年間の感謝を込めて、
また来年も宜しくと
引き続きお付き合いを願う物です。

お歳暮は一年間の締めくくり、
お中元に比べるとちょっと重要視されています。

お中元は贈らないけどお歳暮は贈る、
または金額に差がつくといった事が出てくるようです。

お中元は夏、
お歳暮は年末、
暮れとも言いますよね。

じつは両方とも送る時期には決まりがあります。

早すぎても遅すぎてもあまり良くありません。


お中元を贈る時期は?


お中元はお盆の時期が
関東と関西で違うようにちょっと時期がずれます。

● 関東のお中元
  7月1日から15日の間に相手の自宅に届くように。

● 関西のお中元
  7月15日から8月15日の間に相手の自宅に届くように。

上記の期間であれば表書きはお中元で。

でもちょっと忘れてしまった
という場合には表書きを変えます。

お中元の時期を過ぎてしまったら 
暑中御伺(目上の方へ)または暑中御見舞と書きます。

また立秋(2017年の場合8月7日)を過ぎてしまったら
残暑伺、または残暑御見舞と書きます。


お歳暮を贈る時期は?


お歳暮もお中元と同じように
関西、関東で違いがあります。

● 関東
  12月1日から12月31日の間に届くように

● 関西
  12月13日から12月31日の間に届くように

12月は何かと忙しい時期。

上記の間はお歳暮と表書きをします。

しかしアッという間に12月が過ぎて年が明けてしまった、
という場合には以下の様に表書きを変えます。

● 松の内の間
  御年賀

● 松の内から2月4日くらいまで
  寒中御伺(目上の方へ)寒中御見舞と変わります。

松の内は一般的に1月7日あたりまで。


お中元、お歳暮を贈る対象となる人は?その予算はどうなっているの?


お世話になったからと皆に贈っていると結構な額に。

感謝の気持ちを表すお中元やお歳暮は、
親戚に贈らなくてはいけない、
というものではありません。

でも一度お中元やお歳暮として贈ってしまうと、
毎年の習慣となってしまいがちです。

お中元、お歳暮の相場という物があります。

● 何かとお世話になる親戚や知人
  3,000円から4,000円

● 人生の先輩とも言える仲人や上司、それに両親
  5,000円前後

● 事情があって特にお世話になった人たち
  5,000円から10,000円前後

また贈る相手を選ぶポイントとして以下が考えられます。

● これから先もお付き合いをするか?
● 今年だけでなく来年、再来年も贈るつもりがあるか?
● 相手の負担にならないか?

お中元やお歳暮という形でなく
感謝の気持ちを伝えたい場合には、
旅行のお土産に差をつける、
誕生日や何かのイベントに差がついた贈り物をする、
と言った方法もあります。

相手が好きな映画やコンサートなどの
イベントを招待してもいいですね。


毎年の事になりがちなので贈る相手
はちゃんと考えて贈りましょう。

スポンサードリンク

 - お中元 , , ,

  関連記事

喜んでもらいたいお中元、人気食品って何?

お世話になった方に贈るお中元。 以前は時間が経っても 安心なビールの詰め合わせや …

お中元の時期はいつからいつまで、知っておきたいマナー

社会人になると上半期にお世話になった方に向けて お礼の意味を込めてお中元を贈るの …

お中元ギフトの人気ランキングについて

お中元ギフトはとてもたくさんあります。 せっかくなら相手が喜ぶものを贈ることが大 …